■人生の歳時記(冠婚葬祭)☆スマホ対応

☆人生の歳時記トップ

■人生の歳時記

このサイトは、人生の歳時記として、誰もが体験する誕生から臨終まで(冠婚葬祭)の中から、参考になると思われる事柄をご紹介しております!

■歳時記

①一年中のおりおりの行事や生活・自然現象などを書いた書物!
②俳句の季語を四季順に整理・分類し解説して例句を載せた書物!

■冠婚葬祭

冠婚葬祭とは、元服・婚礼・葬式・祖先の祭りの四大礼の事であります!

■節句

五節句の式日の事で、人日(じんじつ)、上巳(じょうし/じょうみ)、端午(たんご)、七夕(しちせき/たなばた)、重陽(ちょうよう)の五つの節句であります!

■二十四節気

二十四節気(にじゅうしせっき)は、太陽年を日数や太陽の黄道上の視位置によって二十四等分し、その分割点を含む日に季節を表す名称を付したもので、二十四気(にじゅうしき)ともいいます!

◎歳時記関連のお知らせ!(★お得情報です!)

◆早めの準備!
◆災害時の準備はおすみですか?
 災害・水害時の対策に セコムの非常持出し袋


◆開運お財布情報!

開運「白蛇財布」(本物の蛇の抜け殻付き)
世界一使いやすい財布
開運「金の財布」

☆六月【水無月(みなづき)】・七月【文月(ふみづき)】の行事!


■六月の歳時記■
  ◇衣替え  ◇芒種(ぼうしゅ) ◇夏至(げし) ◇父の日

■七月の歳時記■
  ◇富士山の山開き ◇海開き ◇七夕(しちせき/たなばた) ◇小暑(しょうしょ)
       ◇海の日 ◇大暑(たいしょ)


【一口メモ】
◆節句(せっく)は、中国大陸から伝わった暦の上の風習の一つであり、節供(せっく)とも書きます!日本の生活に合わせてアレンジされていくつもの節句が伝わっていましたが、そのうちの5つを江戸時代に幕府が公的な行事・祝日として定めたのが、五節句の式日だそうです!

◇人日(じんじつ)の節句  ----【1月7日】
◇上巳(じょうし/じょうみ)の節句-【3月3日】
◇端午(たんご)の節句 -----【5月5日】
◇七夕(しちせき/たなばた)の節句【7月7日】
◇重陽(ちょうよう)の節句 ----【9月9日】


■水無月(みなづき)

 六月は、旧暦六月を水無月(みなづき)と呼ぶことから、現在では新暦六月の別名としても用います!水無月の由来には諸説あります!

 文字通り、梅雨が明けて水が涸れてなくなる月であると解釈されることが多いようですが、逆に田植が終わって田んぼに水を張る必要のある月「水張月(みづはりづき)」「水月(みなづき)」であるとする説も有力であります!

 他に、田植という大仕事を仕終えた月「皆仕尽(みなしつき)」であるとする説や水無月の「無」は「の」という意味の連体助詞「な」であり「水の月」であるとする説などがあります!

 梅雨時の新暦六月の異称として用いられるようになってからは、「梅雨で天の水がなくなる月」「田植で水が必要になる月」といった解釈も行われるようになったとされています!

■文月(ふみづき)とは

 七月は、旧暦七月を文月(ふみづき、ふづき)と呼ぶことから、現在では新暦七月の別名としても用います!

 文月の由来は、7月7日の七夕に詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があるからというのが定説となっています!

 しかし、七夕の行事は奈良時代に中国から伝わったもので、元々日本にはないものであり、稲の穂が含む月であることから「含み月」「穂含み月」の意であるとする説もあります!

 また、「秋初月(あきはづき)」、「七夜月(ななよづき)」の別名もあります!

▲このページのトップへ